カメラノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撮影に役立つツールを紹介

自分が撮影でよく使ってるアプリやサイトなどを紹介します。有名どころなので、既に使ってる方も多いとは思いますが参考になれば嬉しいです。

 

star work2

f:id:gpyn07:20170511154239p:image

天体観測アプリです。この系統のアプリはいくつか出てるので色々と試してみるのがいいかもしれません。自分はいくつか使って結局これに落ち着きました。

iPhoneをかざすとその方角の星座などを確認することが出来ます。

なにより天の川の動きが分かるのが一番ですね。

天の川は時期によって、登ってくる時間や方角や、天の川の向きも違いますが、このアプリを使えば一発で分かるので重宝してます。

日付や時間の指定が可能で、リアルタイムの動きだけでなく過去未来でも確認することが出来ます。
巻き戻し、早送りする機能があるので、どのように動いていくのかも分かります。

天の川を撮りたい人、星座を絡めたい人は、構図を作るのに強い味方になるかと思います。

 

サン・サーベイヤー

 f:id:gpyn07:20170511154251j:image

このアプリは無料版と有料版があります。自分はたまに使う程度なので無料版です。

  • 無料版

太陽の位置や、日の出、日の入りの位置、時刻や方角を予測するアプリです。また太陽の軌道も分かります。
風景屋さんには楽しい時間帯の、ゴールデンアワー、ブルーアワーの時間帯も表示されるようになってます。

このアプリを使えば、太陽が思いもよらぬ方角に沈んでいくこともなくなりますね。

  • 有料版

 1,200円と少し高めですが、無料版の太陽の動きに加えて、月の動きが見れるようになります。

有料版では場所の変更が可能です。ストリートビューを使用しての確認や、ARを利用したシミュレーションが出来るようになります。

 

無料版でも十分に使えますし、用途がしっかり決まっているなら有料版はかなり便利なツールではないかと思います。

 

GPV気象予報

f:id:gpyn07:20170511154300j:image

ご存知の方も多いかと思いますがGPVですね。天気予報系のサイトです。雨量・雲量、気温・湿度、気圧・風速が確認できます。

画像に使ってるのは一番使用頻度の高い雨量・雲量を表してるものです。

黒は雲が無く、白が濃くなるほど雲が厚い状態です。雨量は色で表されるようになっています。

撮影場所を決める時は必ず使っています。また1時間ごとの雲の動きも分かるので計画も立てやすいです。

 

Yahoo!天気、 Goo天気、ピンポイント天気なども確認はするようにしています。ただ晴れとか曇りって定義がざっくりしてて、雲の割合が全天の1割以下が晴天、8割以下が晴れ、9割以上は曇りらしいです。晴れの定義が広過ぎますよね。

だからダメという訳ではなく、天気予報ツールは併用して精度上げてくのがいいかなと思っています。

 

Google Maps

f:id:gpyn07:20170511154312p:image

グーグル先生です!これは本当に優秀ですよね!

  • ナビ機能

ナビとしても使いやすいですし、目的地までの所要時間が正確です。移動するスピードによりますが、それを踏まえても正確だと感じます。また渋滞情報も確認できるので移動時は便利です。

また、車のナビと違い楽にアップデートが出来て、地図を常に最新の状態を保てるのもいい点です。

  • お気に入りの場所を保存

撮影スポットや、駐車場など任意の箇所を保存しマーキングすることが出来ます。保存すると、上の画像のように丸い星マークで表示されます。

f:id:gpyn07:20170511200708j:image

リストを自分で編集できるのでジャンルごとに分けると便利です。

自分はもう手遅れで、今更リスト分けするのが面倒なのでなので丸い星マークで統一しています。

表示設定を航空写真にすると、地形や周辺の情報が詳しく分かります。また、どういった場所なのかを把握するのにストリートビューは非常に便利です。

 

Twitter

普段は写真載せたりコミュニケーションツールとして使っていますが、他にも情報収集をする為に使うことがあります。

例えばリアルタイムの状況を知りたい時です。風景屋さんはそういう使い方する人も多いんじゃないかなと思います。
天気だったり、雪は降っているか、花の開花や紅葉の状況、雲海は出ているか など色々です。検索してみると、思った以上にそう言った情報が落ちてたりします。

 

流星群極大の日は、現地の実況とかでTwitterのタイムラインは賑やかですよね。あれかなり助かってますww

 

まとめ

よく使うツール5つを紹介しましたが、いかがでしたか?用途に一致すれば結構活躍してくれると思うので是非使ってみてください!